故人の過払い金

 過払い金は現在借金を続けている人だけでなく、故人にも発生している可能性があります。特に高齢者である場合など、長期的に借り入れを続けている人は多くの過払い金が発生している可能性も非常に高いと言えるでしょうし、そのまま賃金業者に取られてしまうのももったいない状況だと言えるでしょう。

 故人の過払い金である場合、多くの争点が発生する可能性があり、手順も複雑になる傾向にあるそうです。実際にお金を借りていた人が亡くなっているために、本人から確認が取れない部分が多いというところが原因になっているそうです。当然、貸金業者の方も過払い金を少なくしようと粘るケースが多いそうですので、裁判になった時にも長期化する傾向にあるそうです。また、故人の過払い金請求をするには、相続人になっている必要があります。複数の相続人がいる場合には、それぞれの戸籍など、必要書類が多くなります。専門知識のない個人だけで行うには、限界があります。情報の開示請求ひとつでも、本人がいないということで複雑になることや、別の取引が把握できないこと、業者によっては情報そのものを隠してしまうというケースもあるそうです。専門の知識がある人、特に過払い金が高額になる場合には、弁護士に依頼をする必要があるでしょう。

 故人の過払い金について気を付けたいことは、相続人になるということは「他にある負債も一緒に引き継がれる」という部分です。いくら過払い金があったとしても、別の借金が大きな場合は逆に負担になってしまうということも珍しくありません。弁護士などへの依頼の費用も差し引いた上で、どれくらいのプラスがあるのか計算をしてからの方が安心と言えるかもしれません。