いずれにしても、普段使っているクレジットカードのキャッシングサービスによって、過払い金が大きく発生しているという事実は、ほとんどの人が知らないでしょうし、クレジットカードの会社にとってみれば、払う必要がないとまで考えているところもあるようですから、積極的に利用者側が請求をしていく態度を見せておくことが、今後の金融業界を健全にしていくという意味でも、重要だと言えるかもしれません。その手続きなどに関して言えば、非常に複雑な手続きを踏ませるほか、嫌がらせのような形で、過払い金の手続きをしているところもあり、そのような会社はあまり印象が良くなくなってしまうということは、人間誰しも考えることだと言えるかもしれません。そして、過払い金が戻ってきてしまえば、本来手元にあるお金であるという解釈が働くため、臨時収入という収入のくくりには入らないため、所得税は一切かからず、まるまるそのまま手元に残すことができる、という風に聞いたことがあるような気がしますから、安心もできるでしょうし、細かい金額が不安だという方は、クレジットカード会社に対し、計算書と呼ばれるものを請求することで、具体的にいつ、どのようにして、どれくらいの金額が過払い金となって言ったのかという、一連の過程を図や表などで示してもらえたりもするようですから、積極的に質問して見るようにしてみると良いかもしれません。会社によっては、このような手続きをめんどくさがってしまうようなところもあるかもしれませんが、自分自身が法律に則って、このような請求を行っているということを毅然として示していくことが何よりも重要となっていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です