取引履歴

取引履歴をすべて開示してくれない金融業者もあるそうです。

未開示部分を開示してもらわないと計算できないのですが、どうして開示してくれないのか疑問もあるそうです。

取引履歴に未開示の部分があれば、正確な引き直し計算ができないということになります。

未開示の部分をゼロ計算として提出するという方法を取ることになるといいます。

ゼロ計算というのは、未開示部分の借入金残高をゼロにして、その期間は月々の返済のみにしていたということにして、計算する方法のことをいいます。

この計算法では、過払金が多く発生するということになります。

取引履歴を未開示にするということは、履歴以前の取引を隠蔽しているということですが、その隠蔽を見破る方法として、最初の取引が50万円とか100万円とか金額が大きい場合だそうです。

サラ金からの借り入れで、最初から50万円を借りるということはあまりにないと思います。

借りた本人ならば、最初からそんな金額を借りていないことはわかると思います。

また端数がある場合も疑った方がいいそうです。

例えば42万3245円と記載されていると、そんな金額を借りたりするのも変だと感じるはずです。

取引の時期も借りた本人ならば、だいたい分かると思います。

金融業者にはきっちりと開示してもらいたいところです。

過払金関連の本の中には「未開示部分に関して、開示するように業者に依頼する書類例」というものを載せているものもあるそうです。

また、金融庁に対して苦情を出すという方法もあるそうです。

とはいえネットにこの方法は溢れているそうですし、もうやっている人はたくさんいるはずですが、それでも未開示をするという業者があるというのですから、なかなかツワモノだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です