和解

和解には、訴訟上の和解と訴訟外の和解があります。

裁判というのは判決がでるまでとても長い時間がかかると言われています。

そのため和解をする場合も多いのですが、過払金返還訴訟は基本的にこちらが勝てると言われています。

だから和解には、絶対に納得のいく条件を引き出すべきだといいます。

相手は支払いを少なくするためにいろいろな手を使ってくるかもしれません。

それでも頑張ってみる価値は十分にあると思います。

合意をしたら「和解書」を取り交わすことになるそうです。

過払金を確実に取り戻すには、書類が必要です。口約束ではダメだといいます。

訴状まで作って口約束で終わる人はいないとは思いますが、もしかしたら油断して口約束で終わってしまうこともあるかもしれません。

きちんと書面にして約束を取り交わすようにしましょう。

和解書では、金融業者と合意した金額と、それを業者側がいつまでにどのような方法で支払うかが記載されているそうです。

振込期間は1ヶ月以内をメドに一括払いとし、指定した銀行口座に振り込んでもらいましょう。

支払ってもらったら、これで過払金返還請求は一件落着ということになるのでしょうか。

ただ、和解しようと思っていたら、相手から思わぬ反撃がくる場合もあるようです。

準備書面というものがきて、和解内容に納得できないというようなことが書いてあったりするそうです。

とても丁寧な口調だったりするそうです。

そしてこの先、口頭弁論を何度でもやりそうな雰囲気が漂っていたりするそうです。

もちろん受けて立っても良いかもしれませんが、相手は企業なので、腰を据えて裁判に望むつもりだとすると、個人で戦うのは少し面倒なような気がします。

譲歩できるところまで譲歩するのも考えてみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です