民事再生

民事再生と、呼ばれる制度は、例えば小さな法人などであった場合には経営者と従業員を兼ねている場合なども多く、取締役を交代することがそのまま取引先などの相手の印象の悪化などにつながってしまうケースもあるかもしれません。業績が落ち込んでいるからこそ、民事再生にすがっているのにもかかわらず、取引先や、周囲の社会的評価まで下がってしまうことは、避けたいという思いは、中小企業の経営者であれば誰でも持っているものだというふうに考えられます。そのような際にも、民事再生法では一般的に債務者が自主的に債権をすることをできる限り助けるという立場に基づいているため、経営者を交代したり降ろしたりすることなく、そのまま借金の整理を継続するという風になっていることもあるため、その他の借金整理法よりも、メリットを感じる部分はあるかもしれません。民事再生の手続きを行った段階では、借金を全て計算し再生を図ることになるため、いわゆる、裁判所や債権者などによる強制執行や差し押さえなどを一旦ストップして執行を中止することができるということも、知っておくといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です