一般的に言われているのは、過払い金をグレーゾーン金利と呼ばれる基準に従って、請求をしたとしても、信用情報には一切の傷がつかない、という保証があるという風にも言われることも多いわけですが、大手の消費者金融のクレジットカードに過払い請求したところ何と他の会社のクレジットカードによるキャッシングも、できなくなってしまったというようなケースがあるようです。一般的には、過払いの請求をしたとしても、信用情報には傷がつかないということが言われているわけですが、残念ながら信用機関にそのような情報が伝わってしまった結果、共有された情報があるということは確かだと言えるかもしれません。最悪のケースでは、自分自身が全く気付かないうちに、個人的な信用機関の間でブラックリストの中に入ってしまったというようなケースもあるわけですから、注意が必要だと言えるかもしれません。 当然のことながら、情報が共有してしまえば、全ての消費者金融やクレジットカード会社が同じ情報を共有していることになるため、どこの会社でお金を借りようとして、キャッシングサービスを利用しようとしても、制限がかけられてしまうというようなケースがあるわけです。ブラックリストに入る一つのパターンとしては、多重債務を繰り返しで、信用を失った場合などもあるわけですが、同様にクレジットカードの過払い金を請求した場合でも、このような事態が起こるという風に言われているようです。このような場合であると、数年間の間、クレジットカードの利用ができなくなるなどのケースも相次いでいる、という風に言われているため、注意しておく必要があると言えるかもしれません。このようなブラックリストに入っている場合には、自分自身の情報に契約の見直しなどという風に追記がされている場合があるため、見逃さないようにしておくことが、重要だという風に言えるかもしれましょう。当然のことながら、クレジットカード会社は、横のつながりも強いため、一つの会社に対して悪い印象を与えてしまうと他のクレジットカード会社にも、その情報がすぐに行ってしまうという点が注意が必要なことである、という風に言えるかもしれません。消費者金融を利用することが多い人こそが、まさに、このような点に注意しなければならないということは、絶えず覚えておかなければならないことである、という風に言えるのではないかと考えられなくもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です